誰もが思い描く理想のイクメンとはどんな人なの?

2015,9,12

 

数年前から公園などあらゆるシーンでも子どもと遊ぶお父さんの姿をよく見かけるようになり、「イクメン」と呼ばれるタレントさんも増えています。イクメンとは、簡単に言うと子育てをするメンズです。

もちろん昔からお父さんも子育てに関わっていましたが、近年はその関わり方に変化が起こっています。昔は経済的に家族を支え、お母さんが育児に専念出来る環境を作ることがお父さんの子育ての役割でした。しかし、現代は間接的ではなく、お母さんと同じようにおむつ替えや授乳をしたり、公園で遊んだり、子どものために料理を作ったりするなど、直接子どもに関わるようになってきています。ただ、これはメディアや芸能人によるイクメンのイメージであるところも大きく、実際には仕事で忙しくてなかなかイクメンにはなれないお父さんも少なくありませんし、理想と違うと思ってしまうお母さんも多いようですね。

イクメンに定義はなく、あえて言えば積極的に子育ての関わるというのがイクメンです。ですが、お父さんお母さんそれぞれに理想のイクメン像があるようです。お父さんの理想のイクメンは、やっぱり同じ趣味を持って遊ぶということです。趣味によっては子どもが女の子だと難しいかもしれませんが、自分も子どもも楽しめることで子育てを楽しみたいのがお父さんの理想のイクメンのようです。

一方、お母さんにとっての理想のイクメンは、常に子どもの相手をするということです。細かく言うと、食事の世話からお風呂、着替え、遊び、歯磨き、寝かしつけまで日常生活の中でしなくてはいけないことをすべてやってくれることを理想にしている人が多いです。この理想の違いを見ると分かるように、一般的にはお父さんは遊びの面で深く関わる、お母さんは毎日の生活行動に関わるのが理想のイクメンなのですね。

ただ、このように夫婦それぞれに具体的なイクメンの理想の違いはあっても、子どもが好きで成長に関わりたいと思って行動してくれることが、誰もが思い描く理想のイクメンと言えるでしょう。